気どりながら吠えるあいつと僕

ヘッドホンに流れるBGMは世界を示す
「絵描き」のこと好き?嫌い?さまざま思いがあるかもしれないけど、必ずしも悪いものじゃないんじゃないかな、「研究家」は。そうは考えない?

余裕で歌うあなたと公園の噴水

大学生のころよりNHKを視聴することがとっても増えた。
昔は、親やじいちゃんが見ていたら、NHK以外の番組が見たいのにと思っていたが、近頃は、NHKが嫌ではない。
かたくない番組がめちゃめちゃ少ないと考えていたけれど、このごろは、かたくないものも多いと思う。
それとともに、かたい番組も好んで見るようになった。
それ以外に、暴力的でない内容のものや子供に悪影響がものすごく少ないものがNHKは多いので、子供がいる現在は視聴しやすい。
民放では、アンパンマンでさえたいそう攻撃的だと思える。
毎回ぼこぼこにして終わりだから、私の子供も私を殴るようになってしまった。

天気の良い火曜の日没に座ったままで
見とれるくらい素敵な人に出会ったことがありますか?
昔一回だけあります。
バスの中で若い人。
女性の自分ですが、ときめいてしまいました。
どれだけケアをしているか、という本人の努力も関係すると思います。
しかし、内側から出てくるオーラはおそらく存在しますよね。
日本には素敵な人が多くいるんだなーと感じました。

雪の降る仏滅の晩は微笑んで

東京都でも昔から有名な町が、浅草。
特によく知られている仏様が浅草の観音様。
まさにここ最近、浅草寺へご参拝に行ってきた。
久しぶりに行く都内の浅草寺。
一段と、自分でちゃんと直視し分かったのが、日本人じゃない旅行客が多いということ。
色んな国からツアー客の集まってくるここ浅草は、少し前よりどう考えても多くなった。
それは世界一背の高い電波塔、東京スカイツリーが建った影響もあるだろう。
近隣の諸国からは、新東京国際空港ハブ化によってアクセスが便利になったという事から、それと、ヨーロッパ方面や欧米諸国からは、着物や和装小物に憧れて来るツーリストが多いと感じる。
ともかく、この先の未来も多くの外国人観光客が来るということを予想した。
この国の良さをみつけぜひ楽しんで心に残る思い出にしてほしい。
一方の私は、仲見世通りを思いっきり観光することができた。
お土産として名物の人形焼と、雷おこしをたくさん買って、櫛やかんざしも見せてもらった。
宝蔵門を通過すると、立派な浅草寺本堂が見えてきた。
この瓦屋根はチタン瓦を使用して、改修工事を行ったという。
本堂の観音に日頃の感謝と旅の無事を祈り願った
今の努力が、必ず実るといいなと。

泣きながら泳ぐあの人と私
昔、体の状態が悪い上に、栄養バランスの悪い食事と、眠りの質が変だったので、吹き出物が増えた。
改善したいと考えて、生活リズムを意識し、肌ケアに役立つ事をし続けようとリサーチした。
大いに推進されたのが、アセロラジュースだ。
現在でもかなりの頻度で飲む。
レモン以上にビタミンが多く含まれているらしい。
コンディションと美容は結局食事からつくられるのかもしれない。

涼しい木曜の夜明けは目を閉じて

今日は少年は、学校の給食当番だった。
マスクと帽子をつけて、白い割烹着を着て、他の給食係達と、給食を取りにいった。
今日の主食は、お米ではなくパンだった。
バケツのように大きなフタつきの鍋に入ったシチューもあった。
少年は、最も重たい牛乳だけは、男が運ばないといけない、と思っていた。
クラス全員分だから38本ある。
なので自分が、バットに入った38本の牛乳を持ったのだけど、同じ給食係のフーコちゃんが一緒に運んでくれた。
重たい牛乳を女の子には持たせたくなかったけど、同じクラスでのアイドル・フーコちゃんと一緒に教室まで歩ける、と思ったので、少年はちょっとドギマギしながら、何も言わずに2人一緒に牛乳を運んでいくことにした。

前のめりで体操する姉ちゃんと濡れたTシャツ
今日の体育はポートボールだった。
少年は、ボールを使ったスポーツは苦手だったので、不機嫌そうに体操服を着ていた。
おそらく今日は、運動神経バツグンのケンイチ君の活躍が目だつんだろう。
おそらく今日は、運動神経抜群のケンイチ君ばかり注目を集めることになるんだろう。
ということは、少年が恋しているフーコちゃんは、ケンイチ君がヒーローになるところを見るなるのだろう。
少年はため息をつきながら、運動場へ出かけていった。
でもフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなくて、少年のことをチラチラ見ていたことを、少年は気付かなかった。

熱中して泳ぐ母さんと濡れたTシャツ

動物を観察するためにものすごくたんまり歩く動物園は、8月はとっても暑すぎて疲れる。
知人家族と私と妻と子供ともども連れだって出向いたが、ものすごく日差しも暑くてしんどかった。
とても暑すぎるので、どんな動物も多くが動いていないし、遠くの影に潜んでいたりで、ひどく観察出来なかった。
行ける機会があったら次は、クーラーのきいた水族館などがとても暑いときはいいかもしれない。
娘がもう少し大きくなったら季節限定の夜の動物園や水族館もたまらなさそうだ。

騒がしく叫ぶあなたとわたし
セミも鳴かなくなった夏の日の晩。
少年は縁側に座って、スイカをかじっていた。
スイカをかじってはタネを外に吐いていると、ときどきタネが飛ばずに、自分の体に落ちる時もあった。
傍に置いたかとり線香の香りと、星のよく見える暑い夜、それとスイカの味。
少年はそれらを感じながら、この夏これからどんなことして遊ぼうかな、と夜空を見上げた。

喜んで口笛を吹くあの子と失くしたストラップ

日本全国、多くの祭りが開催されているようだ。
この目で見たことはないが、じゅうぶん知っている祭事は、秩父夜祭で、別名、冬祭りである。
絢爛豪華な彫刻を施した、笠鉾と屋台の合計6基。
お祭り会館を見た日に、ビデオや実物大のそれらを見せてもらった。
寒い12月に行われるので、冬祭りという別名でも呼ぶようだ。
体験したいし見たいお祭りの一つである。
秩父夜祭とは逆に、夏にあるのは、福岡県福岡市の放生夜があり、命ある者の生を奪う事を禁じるお祭り。
昔は、この祭事の開催されている間は、魚釣りも禁止されたという。
伝統的な祭りも大事だが、私は屋台も同様に好きだ。

雨が降る仏滅の夜は想い出に浸る
御盆が間近になって、とうろう流しなどの行事が近郊で行われている。
近くの観光施設では、竹や和紙で作り上げられたとうろうが並べられていた。
近くの観光施設では、夜分には電気の明かりはついてなくて、とうろうの照明だけというのは、めっちゃ心地よかった。
竹やすだれに囲まれて明かりが輝いていて、きめ細かい灯りになっていた。
やさしい光が周りの樹々を照らしていて非常に美しかった。

◎サイト内コンテンツ

◎サイト内コンテンツ

Copyright (c) 2015 ヘッドホンに流れるBGMは世界を示す All rights reserved.